教育現場のなりすまし詐欺とフォルスクラブの情報

教育現場のなりすまし詐欺とフォルスクラブの情報

教育現場で導入が進む学習用端末

自宅でタブレットやスマホなどの端末を使って学習できるフォルスクラブのように、学校教育の現場にもIT化の波は押し寄せています。
近年では生徒に学習用端末を持たせる学校も増え、教科書も電子化している学校もあるほどです。
教科書を電子化すれば子どもが持つ荷物の量を減らせて、登下校が楽になるでしょう。
学習用端末を使うことによって、フォルスクラブと同様に効率的に勉強ができるようになります。
現在の日本の教育現場はフォルスクラブが描いてきた未来に追いついてきたといえ、時代の最先端を走る続けてきた学習システムだと証明されています。

.

教育現場に新しい問題を引き起こす学習用端末

しかし児童のために導入された学習用端末も、詐欺に繋がりかねない方法で悪用されるケースも増えてきました。
2020年度以降に配布された児童向けの学習用端末を使っていじめを行う事件が全国で47件も報告されており、不適切な利用方法に教育現場では頭を悩ましています。しかもこの47件は氷山の一角の可能性があり、実際は数千件レベルのITいじめが発生しているかもしれないのです。
具体的な悪用方法は、他の自動のIDやパスワードを言葉巧みに聞き出し不正にアクセスする手法です。
不正アクセスした学習端末からいじめの原因になる落書きや悪口を書くことで、相手のし尿を傷つけようとするわけです。
いわば近年のネットでIDとパスワードを盗み出し、なりすましてお金を引き出したり高額な商品を購入する詐欺と同じ手口です。
このまま放置していると大きな問題に繋がりかねないので、教育現場は早急に対策をするべきでしょう。

.

なりすまし詐欺に遭わないための基本

教育現場のなりすまし詐欺のもとになるIDやパスワードの聞き出しは、日常会話の中で行われています。
友達同士の何気ない会話の中で相手のIDやパスワードを聞き出し、それを使って不正に他人の端末にログインする詐欺を行うわけです。
つまり詐欺を防止するための基本は、安易にIDやパスワードなどの個人情報を教えないことです。
子どもはなりすまし詐欺の実態を知らず、仲が良い友達に聞かれたら深く考えず教えてしまうでしょう。
しかしそうした油断がなりすまし詐欺の被害を拡大させてしまうので、親しい友達にもIDやパスワードを教えてはいけないと言い聞かせておかなければいけません。

.

フォルスクラブのIDとパスワードの管理も注意

もしフォルスクラブに加入している子どもがいるなら、同じようにIDとパスワードを教えないように注意しましょう。
赤の他人がフォルスクラブに不正ログインをすると、大きなトラブルに繋がる可能性があります。
しかしフォルスクラブのIDやパスワードは、家族内なら教えても構いません。一緒に暮らす家族でしたら変に悪用することもないでしょう。
フォルスクラブは一つのIDで同じ家族なら追加料金無しで利用できるため、むしろ家族で教えあいそれぞれが利用できるようにすると良いでしょう。
もしくはフォルスクラブの情報は親が管理して子どもに教えないようにしておけば、外部に流出する可能性は限りなくゼロになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。