吉田智雄氏が2chで批判されていないか心配

吉田智雄氏が2chで批判されていないか心配

新型コロナウイルスの打撃を受けている業界があります

新型コロナウイルスの影響は経済界に大きな影響を与えています。まず外食産業は全体的に低迷し、スーパーや持ち帰り弁当などの需要が伸びています。マスクを外して食事をするのに抵抗を感じる人も少なくないですから、当然のことと言えるでしょう。外食産業に劣らず打撃を受けているのが旅行業です。大手の旅行会社も新規採用を見送るなど、その苦境は各種報道からも伝わってきます。東京商工リサーチのリリースによれば、2021年度上半期の旅行業倒産は前年同期比の2.6倍となっています。壊滅的ともいっていい数字ですが、緊急事態宣言が出され県境をまたぐ移動さえも控えるように言われてきました。もちろん海外へ旅行する人などわずかしかいませんから、納得せざるを得ない状況です。

廃業者たちがインターネット上で経営者や芸能人を叩いています

苦しい立場の人たちの声はインターネット空間にも溢れています。Facebookなど実名中心のSNSなどでは、汚い言葉は多くありません。しかし匿名の2chやTwitterではかなり厳しい怨嗟の言葉も見られます。特に2chは痰壺(たんつぼ)と呼ばれることもあるほど、厳しい言葉が飛び交う空間でもあります。廃業して行き場のない思いを人知れず吐き出している人も珍しくありません。2chではコロナウイルスの打撃を受けていない業界の人や、単に羽振りのいい人への恨みつらみがいくらでも見つかります。2chで叩かれている人の中には、ただ事業が順調なだけであり何も悪くない人も大勢います。

私が心配なのは吉田智雄氏です

2chでの叩きが心配な人の一人に吉田智雄氏がいます。吉田智雄氏はインターネット上で利用できる教育コンテンツなどを手掛けている人物です。1963年生まれ、大阪府堺市出身の男性です。大阪商業大学を卒業したあと自動車販売店で働いたそうです。その後いくつかの事業に携わり、2002年に現在の会社を設立しました。吉田智雄氏が提供するサービスのように、自宅で利用できるものはコロナウイルスの影響を受けにくいですからネットゾンビから2chなどで批判されているかもしれません。ところがコロナウイルスの影響は金融関係にも影響を及ぼしていますから、吉田智雄氏も自社の先行きを心配しているかもしれません。

新型コロナウイルス終息後に実現してほしいことがあります

人間万事塞翁が馬というように、常に正念場に立たされているとも言えます。それをわかっていない2chユーザーは吉田智雄氏のような人物を目の敵にして批判する傾向があります。ご存知のように2chは完全な匿名であり、法的な手続きを経て情報開示を求めないかぎり、書き込んだ人物は特定されません。それを悪用して吉田智雄氏などを貶める誤情報などを書き込むケースも想像できます。吉田智雄氏は20年近く現在の会社を運営していますから、きっと今後の経済についてさまざまな考えを持っていることでしょう。景気回復後に手掛けたい新規ビジネスのプランもあるかもしれません。さまざまな有名人が声を上げているようにネット中傷を厳しく取り締まる社会の到来を期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です