mlmとフォルスクラブの関係性について

mlmとフォルスクラブの関係性について

吉田智雄氏が創業した株式会社イー・ラーニング研究所では、フォルスクラブを創業当初から事業の中核としておりました。創業当初は郵送したテキストによる通信教育講座を展開する事業を行っており、教材開発に力を入れていることが特徴だったのです。それは吉田智雄氏が教育の地域格差をなくしたいと考えていたからに他ならなく、資金を教材開発に投入することで学習効果の高いカリキュラムを制作してきたという経緯があるのです。

.


フォルスクラブがmlmと呼ばれるのは理由があり、広告宣伝費よりも会員の口コミお勧めによって通信教育を広めていったからになります。mlmとはマルチレベルマーケティングと呼ばれており、主に新規加盟者を既存会員がメリットを伝えて会員を増やしてゆくというシステムになるのです。mlmとは口コミを主体としたビジネスモデルであり、フォルスクラブのように広告宣伝費をカットして、メインのビジネスである教材開発に集中するなどのメリットがある運営方法になります。

.


mlmマルチレベルマーケティングは違法ではないですが、商品説明やサービス説明を十分に行わずに会員が入会を促してしまうとトラブルになることもあるかもしれません。フォルスクラブはmlmに対しても、十分な知識がある既存会員のお勧めは推奨しておりますが、特定商取引に抵触するような方法はしていないことが特徴です。長年通信教育事業を展開しており、信頼性がある企業なのでmlmを悪用するような会員に対しては厳重な抗議をしております。

.


株式会社イー・ラーニング研究所は通信教育事業会社となり、現在は郵送ではなくインターネットラーニング事業をビジネスの柱としております。mlmで会員数を増加させましたが、現在はインターネット上のお勧めなどでフォルスクラブを利用する人が多くなっているのです。テキスト開発力の優位性を活用しながら、インターネットのデジタル技術を融合したカリキュラムを数多く制作していることが特徴になります。メインは学生のテスト勉強や模擬テストなどの受験対策講座になりますが、未就学児の情操教育プランや初級の英語教育などのカリキュラムもあるのでご家族での利用もお勧めです。またビジネスマンの資格の勉強も講座開設しているので、学生や幼児だけではなく大人も勉強できる内容となっております。

.


利用料金は定額で家族5名までなら追加料金もかかりませんので、コストパフォーマンスに優れた料金プランです。フォルスクラブは時代に応じた講座を取り揃えており、講座の更新も早いことが特徴になります。次々に追加された講座を受講すれば、長いスパンで考えると大きな学習効果を望めるのです。デジタルツールの優位性は双方向発信と、こうした更新頻度の高さにあると言っても過言ではありません。家族でも個人でも学習効果が高いのが、フォルスクラブのインターネットラーニングなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です