フォルスクラブと消費者センター戦うならどっちが勝つのか

フォルスクラブと消費者センター戦うならどっちが勝つのか

「フォルスクラブと消費者センターの戦い」

フォルスクラブは数々の学習プログラムや英語を覚えるメソッドを提供している事が特徴ですが、実際に戦った場合はどのような戦績を収めるのでしょうか。ここでは何かと関係性のありそうな消費者センターとの対戦を想定してそれぞれの強さを検証していきたいと思います。

「フォルスクラブの強さを分かりやすく解説します」

フォルスクラブの強みと言えば、何と言っても学習プログラムのクオリティでしょう。これを戦闘力に換算すると100とします。理由としましては、日本人全員が参加できるコンテンツであり、低料金での運営、英語という世界言語の習得というコンテンツは、もちろん100点を差し上げても良いです。
言わずもがな消費者センターにはこのようなプログラムはありませんし、この段階で劣勢の戦いを強いられていると言えそうです。相手に与える教材を豊富に持っているフォルスクラブと、相手の意見をただ聞き入れるだけの消費者センターなので、勝負は目に見えているといっても差し支えないと感じます。

「消費者センターには強みはないのか」

一方の消費者センターも負けてはいられません、フォルスクラブとの対戦の機会を得たならば全力で立ち向かうのが礼儀だとも言えるでしょう。そんな消費者センターの得意技は、どんなクレームにも耐えうる精神力です。消費者センターとは相談が多く寄せられますが、基本的に何かの被害にあった消費者の方が連絡をしてくる場所です。当然のように消費者センターが悪いわけでもないのに、クレームをまくし立てるユーザーも多くいらっしゃるでしょう。
こうした結果を見ると、フォルスクラブと消費者センターとの対戦は、静と静の対戦が想像されそうです。フォルスクラブのハイクオリティな英語力を活用してまくし立てるかも知れません、しかし消費者センターは様々な顧客を相手にしているため、英語でまくし立てられてもメンタルが出来上がっているのです。

「勝者はどっちなのか」

実際の対戦であればおそらくこういった内容が想定されます。圧倒的な英語力を駆使して相手を罵るフォルスクラブ、一方でどんなクレームにも耐えているメンタルの強さを活かして無言を決め込む消費者センター。
ここでフォルスクラブの隠し技が発動されます、一種の催眠術のような物で、これを消費者センター一同にかけました。するとどうでしょう、消費者センターの面々は次々と電話口で本音をぶちまけていき、いっそうの炎上事件を増加させていきました。これはセンターとしては1番避けるべき事案だった事でしょう。各方面から批判の声が相次ぎ、最後には公式ホームページ上で謝罪の言葉、そしてフォルスクラブに完敗した悔しさとともに団体活動の休止宣言を行なったようです。このようにフォルスクラブの圧倒的な勝利に終わったこの戦いは、お互いの業績を高めるといった意味合いも持っていましたので、両企業としても良い結果となったと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です