塾でフォルスクラブを使うとしたら

塾でフォルスクラブを使うとしたら

フォルスクラブが塾で使用されるとしたら、どういう風に使うのでしょうか?
フォルスクラブには複数のコンテンツが搭載されており、
小学生向け、高校生向け、社会人向けと、色々な用途で使うことが可能です。

一口に塾と言っても色々なタイプがあります。
一般的には、受験のための進学塾(予備校)が一番有名ですが、
英会話スクールや資格の勉強など、様々な種類の塾が存在します。
そしてフォルスクラブはどのタイプでも使用可能と言えそうです。
特に大学受験においては、フォルスクラブはかなり使えます。
「高校生向けeラーニング」と「大学入試対策講座」の2種類があり、
これを使って受験対策をすることが出来るのです。
塾の講師がこうしたeラーニング教材を使って授業を行うのも良いですし、
宿題としてコレを課すのもアリと言えますよ。
最近の塾は自習室が用意されていることが多く、生徒も講義を受けるより、
自習室での勉強をメインに通うこともあります。
そうした自習室でフォルスクラブの勉強をするのもオススメですよ。

英会話スクールでもフォルスクラブは有用です。
授業で使うのも良いですが、
塾の仲間内でフォルスクラブをやるのがベストかもしれませんね。
フォルスクラブには「ふぉるぱ」という自分で問題集を作れるコンテンツがあり、
それを使って仲間内で問題を出し合うことが出来ます。
また、「イグモン」や「恋の英会話」は1人用のゲームですが、
どこまでストーリー進んだといったことで、会話を弾ませることが出来そうです。
自習時間の暇な時に、みんなで「LEARNING EYES」を視聴するのも良さそうです。
「資格シリーズアプリ」のTOEIC対策も有用と言えるでしょう。
英会話スクールでスピーク技術を習いつつ、
フォルスクラブでリーディングとリスニング技術を鍛えませんか?

最近の塾はかなりテクノロジー化が進んでいます。
オリジナル教材として、eラーニングの宿題を出すのは、
最早常識となりつつあります。
フォルスクラブのような教材を使った教育が、
今後の教育界のスタンダードになる未来は直ぐそこまで来ていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です