同業他社と比較したフォルスクラブの強み

同業他社と比較したフォルスクラブの強み

同業他社と比較して、フォルスクラブにはどのような強みがあるのでしょうか?
その前に、フォルスクラブを提供している企業の同業他社には
どのようなところがあるのでしょうか?

社名は伏せますが、A社の強みは低料金です。
月額980円(税抜)で小4から高3までの4教科(英語以外)に対応しています。
フォルスクラブは月額6000円(税抜)なので、
低料金で済ましたいのならA社の方が良いかもしれませんね。
この低料金がA社の強みと言えそうです。
ただし、A社が対応しているのは4教科までで、コンテンツも映像授業のみです。
テキストを使いたいのなら、別途1冊1200円(税込・送料込)掛かります。
4教科全部揃えたら、毎年4800円掛かることを意味します。
そしてA社の教材は1人用です。
兄弟姉妹が別にいたら、その都度、月額980円(税抜)とテキスト代が掛かります。
英語を学べないことを考慮したら、フォルスクラブよりも高くついてしまうかもしれませんね。

B社の強みを見てみます。
入会金0円というのが最大の強みで、
月額4737円(12ヶ月支払いだと月額4331円)で利用可能です。
ただし、こちらも対象はお一人のみです。
フォルスクラブのように、多人数には対応しておらず、
兄弟姉妹が別に居たら、その都度に契約を結ばないといけません。
C社もD社も一人用で、
フォルスクラブのような多人数契約の通信教育はほとんど無いと言えます。
あるとしたら法人契約ですが、それだと受講対象がフォルスクラブと微妙に異なります。
法人向けの教材は、大人の方を対象としているのがほとんどですので。

結論として、フォルスクラブの最大の強みは、
多人数でプレイしても料金一律なところにあります。
一人だけだと逆に高く付きますが、兄弟姉妹が多いご家庭でしたら、
フォルスクラブをフルに活用できますよ。
もちろん、親御さんがプレイするのも普通にアリです。

フォルスクラブは複数のコンテンツを提供する通信教育です。
下は幼児、上は社会人に向けて、
あらゆる年齢層に向けたサービスを展開しているのがフォルスクラブの強みになります。
この強みを真似出来る同業他社は、そうそう現れないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です