仮想通貨みたいなもので課金するeラーニング研究所のアプリ

仮想通貨みたいなもので課金するeラーニング研究所のアプリ

仮想通貨に似ているAndroid端末で使えるカード

Androidのスマートフォンやタブレットでフォルスクラブなどのゲームやアプリに課金するときには、コンビニで販売されている専用のカードを使うのが一般的です。月額のスマホ代と同時に引き落とすパターンもありますね。ちなみに私はこっちです。
専用のカードを購入するときには現金を使いますが、実際に課金をするときにはお金を払うわけではないので、目に見えたり手に触れたりできるわけではありません。蛇足ですが、アイチューンカードはnanacoとかのカードを使えません。現金のみです。
現在話題になっている仮想通貨も実物を目で見たり手で触ったりできるわけではないので、これは一種の仮想通貨といっても差し支えないかもしれません。
仮想通貨は投資など難しい分野の話と思われがちですが、こう考えると仮想通貨は一気に身近なものに感じるでしょう。

仮想通貨で課金しているかもしれないeラーニング研究所のイグモン

eラーニング研究所が提供している英語学習アプリのイグモンでは、ゲームな通貨として知恵のかけらがあります。
知恵のかけらを使用するとゲームを有利に進められるので、購入する人も多いでしょう。
そのときに必ず使うのはコンビニで買ってきたカードなので、eラーニング研究所のイグモンを遊んでいる人は、負担だから仮想通貨を使っていると言っても過言ではありません。
目に見えない仮想通貨で欲しいものを買うというところには、ちょっとした未来を感じるかもしれません。
未来を感じてみたいなら、eラーニング研究所のイグモンを始めてみると良いでしょう。

現金では買えないeラーニング研究所のイグモンに登場する知恵のかけら

イグモンの知恵のかけらは、現金では買えません。
たとえばeラーニング研究所の本社まで行ってお金を払おうとしても、アプリ経由で購入してくださいとアドバイスされるでしょう。
自動販売機でジュースやお茶を買うときみたいに、現金を投入口に入れたら出てくるわけではないので、必ずイグモンをdownloadした端末から購入してください。
はじめて仮想通貨を使うときには慣れなくて不安かもしれませんが、慣れれば自動販売機でジュースを買うよりも簡単なので、子どもでも課金できます。
ただし子どもが一人で課金するのは危険なので、必ず両親の目の前で課金させましょう。

仮想通貨とeラーニング研究所で広がっていく未来

仮想通貨や電子マネーが普及すれば、将来はお財布から現金を取り出しお金を払うといった機会は大きく減るでしょう。
現在でもICカードなどを使って支払いができるサービスも増えていて、今後はますます増加していいくと考えられます。そのうち、顔認証でカードすら不要の未来も来るでしょう。
仮想通貨が一般的になればなるほど、その未来は確実に近くなっていくと考えられます。
eラーニング研究所も新しい教育の形を研究しており、その一つがスマートフォン向けアプリのイグモンです。
昔なら電話機で勉強するといたわれたら笑いものにされたでしょうが、今では当たり前の行為です。
これからもeラーニング研究所は人々が予想も付かない教育の形を作っていき、新しい波を起こしていくと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です