フォルスクラブがねずみ講と勘違いされるのはなぜか

フォルスクラブがねずみ講と勘違いされるのはなぜか

〇現在の日本の状況説明します

コロナの感染拡大に伴って、私たちの生活は大きく一変してしまいました。感染当初はこの未知のウイルスにどのように対処し、感染を回避すべきかわからず日本のみならず世界中がパニック状態に陥ったのです。わからないことだらけで暗中模索しながら、我々はマスクや手洗い、アルコール消毒といった初歩的な感染対策を講じる歯科術がありませんでした。次第に月日を経るうちにウイルスの正体が見えてきて、飛沫感染やエアロゾル感染がすることがわかってきたんです。そして飲食店での飲み食いや、密になってのコミュニケーションを控えるなどソーシャルディスタンスを講じるようにもなりました。そのため今まで当たり前に行っていた日常生活も変えざるを得なくなり、サラリーマンは自宅でのリモートワークが強いられ、子供たちも自宅でのオンライン授業が行われるようになったのです。だが慣れない環境でのオンライン授業は子供たちにとって大きな問題になりました。特に受験を控えた受験生たちはすぐに質問ができない、学習のペースが遅くなるなど問題が山積し、受験生を抱えている親御さんたちも気が気ではありません。塾や予備校に行くにしても感染が心配で受験当日コロナになっていたらどうしようと心配が尽きることがないのです。

〇コロナ禍でおすすめしたい学習システムを紹介します

ここでおすすめしたい学習システムがあります。それがフォルスクラブによる学習プログラムなのです。フォルスクラブの学習は自宅にあるパソコンや手持ちのスマートフォンで行う事ができ、外出や通学の必要もなくコロナが感染拡大している最中でも安心して勉強できるわけなのです。フォルスクラブの授業は高校生に向けたeラーニングがあり、携帯電話でいつでもどこでも文法や英単語の学習をすることができるようにもなってます。そして最も気になる大学受験対策講座なども設けられており、クオリティの高い授業を自宅にいながら受けることもできるんです。こう地震は人気予備校の講師で行われ、何度も再生巻き戻しが可能であり、復讐を徹底させることができ大学受験対策もフォルスクラブで万全に行えるのです。

〇ねずみ講であると言われる理由を説明します

自宅にいながらまたは出先で気軽にパソコンとスマートフォンを使って学習でき、クオリティも高い学習プログラムであるにも関わらずねずみ講であるとか、ねずみ講まがいであるなどねずみに関するうわさが後を絶ちません。なぜフォルスクラブがねずみ講、ねずみまがいと言われてしまうのか、それは学習プログラムの伝聞が独特の形式をとっているためにねずみ講と言われてしまうんです。フォルスクラブの教材プログラムは人の口コミでその存在を広げていきます。テレビCMとか雑誌の広告とかではなく、人間の言葉で情報が広まるその手法がねずみ講に似通うところがあってねずみ講と誤解されてしまうんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。