イーラーニング研究所の料金を仮想通貨で支払えたとしたら

イーラーニング研究所の料金を仮想通貨で支払えたとしたら

イーラーニング研究所の利用料を仮想通貨で払える場合

ビットコインのような仮想通貨を保持している人も多いと思われますが、具体的に今の時点では日本国内ではサービスの支払いや商品の購入代金に充てるようなことは一般的ではありません。電子データのみでやり取りされる通貨とはいえ、投機を目的に売買している人が多いです。とはいえ世界に目を向けてみるとビットコインを法定通貨にした国もあり、状況は変わりつつあるのかもしれません。とはいえイーラーニング研究所の利用料をビットコインで支払うことが出来るようになったとしても今の時点では多くの問題点があり安心して使えるような状況であるとは言い難いのではないでしょうか。ビットコインを商品代金の支払いに使うとき、何が問題になるのかといえばそれはやはり変動リスクです。

.

イーラーニング研究所の支払いに仮想通貨が使えない現在

価格の変動が大きい仮想通貨は、一般のお金のように使えるようになったとしても困ってしまうケースが多いと考えられます。例えばイーラーニング研究所の支払いをビットコインですることを想像してみると、その問題点が分かりやすくなります。一例を挙げると2021年の11月8日は、1ビットコインの価格は7654472.86円でした。それからおよそ半年ほど経過した2022年の5月9日になると、1ビットコインは3922467.98円となっています。僅か半年ほどしかたっていないというのに、この価格は2倍ほどの差ができているのです。このように価格変動の大きな仮想通貨は、毎月支払う利用料の支払いに使うのに適しているとは言い難いです。

.

ボラティリティがイーラーニング研究所の支払いに仮想通貨を使う場合の問題点

イーラーニング研究所の支払いに仮想通貨が使えたら、便利だと一見思われるかもしれません。支払い方法の選択肢が広いほど、自分に合った方法を選んで利用できるようになるからです。しかし先にも述べたように、大きな価格変動のあるビットコインを始めとした仮想通貨を実際に支払いに使うときのことを具体的に考えてみるとその問題点がハッキリするはずです。高値を付けていた2021年の11月8日なら、フォルスクラブの月額利用料である6600円は0.000862241BTCとなります。その一方で、2022年の5月9日に支払う場合にはなんと0.001682614BTCも必要となってしまいます。

.

仮想通貨とイーラーニング研究所の料金未納の関係

2021年11月8日から2022年5月9日まで、半年しか経っていないというのにもしイーラーニング研究所の利用料をビットコインで支払うとしたら倍近くの料金がかかってしまうとなると、思わず料金未納にしてしまう人も出てくるかもしれません。このように現時点で仮想通貨を毎月の料金支払いに使用するのには問題があると考えられ、特に価格が下落している現在ではあまり魅力がないといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。