フォルスクラブはねずみ講やマルチではない理由

フォルスクラブはねずみ講やマルチではない理由

日本で、かなり最初期に通信教育サービスを実施したのがフォルスクラブです。当時はまだeラーニングという言葉も認知されていなかったと思います。フォルスクラブは当初は幼児教育を専門にしていましたが、2020年現在は社会人向けの実用教育にも力を入れているところです。ここでは主に簿記・TOEIC、行政書士などの実益のある資格取得を目指せ、その合格率は90パーセントにものぼっています。ところが昨今、インターネットの掲示板で「フォルスクラブ ねずみ講」やマルチといった言葉を目にする機会が多くなりました。その真相を突き止めるため、筆者はフォルスクラブについて徹底した調査をしています。ここでその調査結果をまとめるので、これからフォルスクラブを利用なさる方の参考になれば幸いです。

.

まず、なぜフォルスクラブ ねずみ講というキーワードが生まれるようになったのか、その真相に迫ってみましょう。最初期のフォルスクラブが登場してから数年、会員が新たに入会者を募ることがありました。いわゆる一般人が一般人を勧誘するというものです。これが大きなマイナスイメージになったと言えます。大抵の製品は商売人が一般人相手に売り込みます。しかし一般人はこの商売人を嫌っていることが多いです。戦後直後、多くの敷地に押し売りが発生しましたので、自分が望まないものを売る商売人を嫌いになったと考えられます。自分から買いに行くのは自分が主導権を握っているのでOKですが、相手から売られるのは相手が主導権を握っているので、嫌われているのです。

.

フォルスクラブ ねずみ講が実際になされているのか、調べてみましたがその実情を確認することはできませんでした。インターネットでもフォルスクラブ ねずみ講というキーワードを徹底的に調べましたが、既存の会員からマルチやフォルスクラブ ねずみ講という真実が語られるSNSもありません。つまり、このフォルスクラブ ねずみ講は真っ赤なデマととらえて間違いはないでしょう。

.

フォルスクラブは約20年もの間、通信教育機関の筆頭として活躍しているサービスです。そのため、目立っているのが確かなところでしょう。常に新しいサービスや教育を提供しており、良くも悪くもライバル会社からなにかしらの妬みを買っていることも捨てられません。そのひとつが「フォルスクラブ ねずみ講」という言葉になっており、ネット社会の現在では各種検索でヒットするように操作をなされているとも言えます。

.

実際はフォルスクラブ ねずみ講ではないので、新しくサービスを利用しようという方は安心して利用できます。国家資格から実用資格の勉強をすることができ、さらに2010年からはオンライン教育にも対応可能です。昨今は特に不特定多数が席を一緒にする環境は避けられる傾向にあるので、パソコンやタブレット端末を駆使したオンライン講義は需要があるといえるでしょう。2020年12月時点で数万人の受講生がおり、それぞれのスタイルに見合った学習をフォルスクラブで実施しています。新たなスキル獲得を目指すのに、打って付けの学習ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です