eラーニング研究所が配布したタブレットで詐欺防止

eラーニング研究所が配布したタブレットで詐欺防止

【詐欺を防ぐために活用されるトマト】

オレオレ詐欺などは、大きなニュースになってもまだまだ撲滅しません。
撲滅しないどころか新型コロナに便乗した新手の詐欺も登場し、騙される人が後を絶たない状況です。
このような状況のなか、愛媛県にある久万高原末の警察署ではトマトを配って詐欺被害の抑止を目指す活動が始まりました。
振込詐欺では被害者にお金を振り込ませようとしますが、「その振込みちょっトマト」を標語に掲げ特産品のトマトを配ることにより、町民の詐欺被害を防止しようとしています。
標語はちょっと面白おかしくなっていますが、逆に親しみやすくてトマトを受けとった人の頭の片隅に残るのではないでしょうか。
頭の片隅にでもちょっトマトの標語があれば、振込を思いとどまり新たな被害者が出なくなるでしょう。

【詐欺事件を撲滅するためeラーニング研究所も何か配るべき】

eラーニング研究所も詐欺の被害を防ぐために、何かを配るのはありかもしれません。
しかしeラーニング研究所は、トマトを特産品として作ってるわけではありません。
提供しているサービスは基本的にネットを通して行われているため、気軽に配れるものはない状況です。
強いて上げるなら、タブレット端末とフォルスクラブぐらいです。
高齢者がタブレット端末を受け取っても使いこなせませんし、フォルスクラブも活用され泣けば意味がありません。
そもそもちょっトマトの用な覚えやすい標語を作るのも難しいので、eラーニング研究所は効果的な運動ができないのではないかと考えられます。

【使い方次第ではeラーニング研究所が配るものでも詐欺被害は撲滅可能】

しかしeラーニング研究所がタブレット端末とフォルスクラブを無料配布したら、詐欺被害を撲滅する一助になる可能性は多いにあります
フォルスクラブではさまざまな勉強ができるので、利用していれば自然と頭が良くなります。
詐欺に騙される理由の一つは、無知から来るものです。
家族のことを思う気持ちにつけ込む悪党がこの世にいると知っていれば、オレオレ詐欺に騙される被害者は減ります。
また新型コロナ関連の詐欺も正しい情報を知っていれば、騙される可能性は低いです。
正しい知識と情報を提供し続けていれば被害者の数は減らせるので、そのためにもeラーニング研究所がタブレットとフォルスクラブを提供し続ければ、いずれ騙される人は減っていくと予想できます。

【eラーニング研究所が配るタブレットとフォルスクラブを配布する問題点】

詐欺の被害防止に役立つと行っても、eラーニング研究所が実際にタブレット端末とフォルスクラブを配布するとなると、問題となるのはコストでしょう。
トマトは一つ一つが低価格なので、大量に配っても負担は少なくなります。
しかしタブレットは一台で数万円もしますし、それを多くの人に配るとなると多くの資金が必要です。
eラーニング研究所だけに経済的な負担を押しつけることはできないので、行政や別の企業が支援すれば実現するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です