フォルスクラブは進研ゼミほどの退会者はいません

フォルスクラブは進研ゼミほどの退会者はいません

「フォルスクラブと進研ゼミ」

現代に限らず古くから学習を提供するサービスはいくつか存在していますが、昔からお馴染みの学習教材と言えば進研ゼミが挙げられます。進研ゼミは1973年に開講した学習サービスで、誰もが気軽に入会できるシステムとして定着していきました。
一方で現代の学習サービスとして着々と支持を集めているのがフォルスクラブでしょう。このフォルスクラブは現代ならではの学習システムを提供しており、スマートフォンやタブレットを利用したアプリの学習スタイルなどを提案している事でも知られています。
この2つのサービスは入会してから利用するスタイルとなっていますが、入会に付き物なのが退会という部分です。ここではそれぞれの学習システムの特徴などを比較して、なぜ退会に至るのかを探っていきたいと思います。

「利用しているサービスを退会する理由とは」

利用者は一度入会した学習サービスをなぜ退会するに至るのでしょうか。それには様々な理由が存在していますが、まず挙げられるのが利用料金の高さかも知れません。お子様の成績がアップするのは誰もが望む物ですが、教材費や月額料金などが高額であれば継続して利用していくのが難しくなってしまいます。
そしてサービス内容が充実していないと利用者は徐々に離れてしまい、最終的には興味を無くして退会していくという流れも見受けられます。フォルスクラブも進研ゼミも利用者に満足のいく学習内容を提供していく事が、利用者離れを少なくしていく事に繋がるでしょう。

「進研ゼミは年間4割の退会者が存在しています」

フォルスクラブは入会者も増加していますし、退会者も少ない傾向がありますが、進研ゼミでは会員の約4割が毎年退会しているというデータがあります。この理由として挙げられるのがまず問題数が少ないという問題があるようです。そして受講費用の高さがネックとなるケースが多く、参考で小学6年生の場合ですと月額料金が5000円程度発生しています。これは進研ゼミというブランド力も関係しており、知名度の高さにあらわれているように、広告費用がかさんでいるという意見もあります。また赤ペン先生などの人件費も発生しますので、必然的に利用者の受講費に反映されてしまうのです。

「フォルスクラブの退会者が少ない理由とは」

一方のフォルスクラブでは、進研ゼミほどの退会者は存在していません。その大きな理由は利用料金の安さがあるでしょう。先述した進研ゼミの料金と比較しても、同額程度の利用料金に少しプラスするだけで家族数人でそれぞれが学習できるシステムを提供しています。
これはスマートフォンなどのアプリを活用する事によって、人件費も抑えられますので利用料金を削減する事の実現に繋がっています。またフォルスクラブは、最初期はDVD、今はオンラインの教材を積極的に取り入れていますので、赤ペン先生のように人件費が生徒それぞれに発生する事もありません。これらの理由がフォルスクラブの退会者が少ない事に繋がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です