ドリルや問題集などの学校の教材としてもフォルスクラブは使える

ドリルや問題集などの学校の教材としてもフォルスクラブは使える

フォルスクラブを手掛けている企業は、
学校での授業向けの教材(ドリル・問題集etc)を出しているのでしょうか?
仮に出ていないのでしたら、どんなものが出てきそうでしょうか?

軽くフォルスクラブについて調べてみましたが、
フォルスクラブは学校の教材としてそのまま使うことが可能です。
ただし唯一の問題は、ハードウェアをどうやって用意するかといった点でしょう。
フォルスクラブはパソコン、タブレット、スマホを使ったeラーニングですが、
一般的な学校の授業および教材はほぼすべてアナログです。
コンピューター室というのがありますが、
置かれているパソコンの台数は1クラス分しか用意されていないことが多いです。
自分たちの教室でeラーニングをするのは、
今の環境設備ではかなり難しいのが現状です。
ただし、一部の自治体や私立では、
全校生徒にタブレットを持たせる取り組みを行っていると聞いたことがあります。
そうしたところでしたら、授業の一環でフォルスクラブをすることが可能と言えそうです。

具体的な内容ですが、フォルスクラブの高校生向けeラーニングが
そのまま教材として使用することが可能です。
こうした教材は基本的に自習として使うものですが、
教師が教えながら授業を進行させることも不可能ではないと言えます。
また、フォルスクラブの高校生向けeラーニングは非常に質が高いと評判になっており、
この問題集を参考にして、教師はテスト問題を作ることもあるみたいですよ。

全校生徒にタブレットを配らなくても、
宿題としてフォルスクラブをやらせるのもアリと言えそうです。
今やどの家にもパソコンは1台くらいあり、自宅でeラーニングをすることが出来ます。
そもそも教科書や参考書といった教材は非常に重く、
生徒の多くが毎日5~10kgもの教材を毎日持ち歩くと言われています。
水筒や弁当、部活道具なども含めたら、軽く20kgは超えてしまいます。
しかしeラーニングでしたら、この重量をかなり軽くさせることが可能です。
さすがに0には出来ませんが、かなり軽くなるのは確実でしょう。

フォルスクラブを学校の教材として使うのは、それなりに現実的と言えそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です