フォルスクラブで権利収入を得るのは規約違反

フォルスクラブで権利収入を得るのは規約違反

働く全ての人が一度は夢見る不労所得

人間が生きていくためには、フォルスクラブではなくお金が必要です。
そのため毎日汗水垂らして仕事をして給料を受け取り、生きていく上で大切な生活を支えています。
しかし世の中には、働かなくてもお金が入ってくる不労所得で生活している人もいます。
毎日辛い思いをしながら汗水垂らして働いている人からすれば、家で寝ているだけで自動的にお金が入ってくる不労所得のある人はうらやましくなるでしょう。
ですが現実的には不労所得を得るためにはさまざまな高いハードルがあるので、実行に移す前に諦めてしまう儚い夢です。

フォルスクラブを使った権利収入で夢の不労所得

フォルスクラブでは、1つのアカウントに5つのログイン権が与えられています。
なぜ1アカウントに5つもログインの権利が与えられているのかというと、家族全員で利用できるようにするためです。
フォルスクラブで提供されているサービスは、世代を問わずさまざまなことを学べます。
そのため子どもだけではなく親である大人も同時に利用できるように、ログイン権を1アカウントに5つ与えて家族全員が同時に学べるようにしています。
家族ごとにフォルスクラブのアカウントを作ると金銭的な負担が増えますから、良心的なシステムと言えるでしょう。
また家族が5人以下の場合はログイン権が余ってしまうため、それを利用した権利収入で不労所得を得られる夢も広がります。

フォルスクラブのログイン権で権利収入をする方法

もし知人でフォルスクラブへの加入を考えている人がいるなら、余っているログイン権を譲ると権利収入が発生します。
普通にフォルスクラブに入会するときに必要な料金よりも安い価格でログイン権を知人に渡せば、毎月権利収入が発生し不労所得が完成です。
毎月一定の権利収入が自動的に入ってくるので、お小遣い程度の金額は得られるようになります。
不労所得を得るのは難しいと思いがちですが、仕組み上はフォルスクラブを使うと簡単に権利収入を毎月得られるようになります。

フォルスクラブの規約で禁止されているログイン権の譲渡

このようにログイン権の譲渡で簡単に権利収入を得られますが、フォルスクラブもその点は見逃してくれません。
良心的なシステムの穴を付いて権利収入を得ようとする人がいるのはフォルスクラブも気付いているので、規約でしっかりとした対策がされています。
フォルスクラブの利用規約第20条3には、本サービスを利用する権利を第三者に譲渡・売買・名義変更・貸与する行為は禁止すると書かれています。
もし本当にログイン権を第三者に貸与し権利収入を得ようとしたら、この利用規約に抵触してしまいアカウントの停止などの措置が執られ、今後一切フォルスクラブを利用できません。
フォルスクラブを利用不可になると、家族全員で勉強することもできなくなるでしょう。
わずかな権利収入を稼ぐために利用規約に抵触する行為を行うのは馬鹿らしいので、絶対にしてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です