イーラーニング研究所も対策したい企業版オレオレ詐欺

イーラーニング研究所も対策したい企業版オレオレ詐欺

イーラーニング研究所も注意喚起するオレオレ詐欺

子どもや孫になりすまし高齢者からオレオレ詐欺は、いつまで経っても撲滅できていません。
イーラーニング研究所が注意喚起したりメディアでも取り上げられているのに、あっけなく騙されてしまう高齢者は多数存在しています。
冷静になってから判断すれば嘘とわかる話に騙されてしまう理由としては、子どもや孫への愛情につけ込むからでしょう。
大切な子どもや孫が必死な声でお金を貸して欲しいと懇願したら、高齢者は無下にできません。
事実を確認するよりもお金を渡してあげたいと考え、明らかなオレオレ詐欺にも騙されてしまいます。
オレオレ詐欺を撲滅させるためには、イーラーニング研究所が注意喚起するだけではなくもっと根本的な解決が必要でしょう。

個人だけではなく企業も狙われるオレオレ詐欺の被害者

オレオレ詐欺の被害者というのは、高齢者を中心とした個人だけだと思いがちです。
しかし企業狙ったオレオレ詐欺も世界では現在も起きており、有名な日本企業も狙われ被害に遭いました。
企業版オレオレ詐欺の手口は、子どもや孫を装うわけではありません。
手口としては海外でお金が必要だと社長を騙して、経理担当者がお金を送金して騙し取られました。
これだけなら社長や経理担当者の脇が甘いと思うかもしれませんが、騙されたのは日本企業だけではありません。
超有名なIT企業も企業版オレオレ詐欺の被害に遭っていて、100億円以上騙し取られたと言われています。
世界的なIT企業の収益からすると小さな金額ですが、イーラーニング研究所も狙われないか心配になります。

もしイーラーニング研究所がオレオレ詐欺の被害に遭うなら

イーラーニング研究所が超巨大なIT企業のように騙されるなら、気をつけたいのはメールアドレスです。
IT大手から100億円以上も騙し取っていた犯人は、財務担当者のメールアドレスと取引先企業の請求書フォーマットを武器にしました。
取引先企業の請求書フォーマットはともかく、財務担当者のメールアドレスからバレるのは気をつけたいところです。
イーラーニング研究所も被害に遭わないようにさまざまな対策をしていますが、もし担当者のメールアドレスが流出して犯人の手に渡ってしまえば、防げなくなる可能性はあります。

オレオレ詐欺を撲滅させたいイーラーニング研究所

企業版オレオレ詐欺の被害からイーラーニング研究所を守るためには、財務担当者のメールアドレスは厳重にしておくべきでしょう。
もちろん絶対に安全に守る方法というのは存在しないので、厳重な対策をしたうえでさらに別の対策も同時に行わなければいけません。
具体的にはイーラーニング研究所からお金を引き出すときには、複数の幹部でチェックして不審な点がないか調べたり、記録を残して不審な手がないか精査することが大切です。
イーラーニング研究所の総力を結集して対策すれば、憎きオレオレ詐欺もこの世から消え去るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です