ノーベル賞受賞の吉田氏とフォルスクラブ

ノーベル賞受賞の吉田氏とフォルスクラブ

【日本中が喜んだノーベル賞受賞のニュース】

吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞したことで、日本中が喜んでいます。
スウェーデン王立科学アカデミーが10月9日に2019年のノーベル化学賞を吉田彰氏に授与すると発表したとたん、メディアはお祭りムードです。
吉田彰氏は電気自動車やスマートフォンなどに搭載されているリチウムイオン電池の開発で、大きな役割を果たした人物です。リチウムイオン電池が開発されたことで人々の生活は便利になっています。ITをはじめとする様々な産業の発展に貢献したことが評価され、ノーベル化学賞を受賞します。
日本人のノーベル賞受賞は27人目です。

【ノーベル賞を受賞した吉田氏の大きな功績】

軽量で小型、高出力の蓄電池が実現したことはIT機器やEVの普及を可能にしています。
日本では太陽光発電が注目を集めていますが、吉田氏の功績は太陽光発電など再生可能エネルギーの将来にも光をもたらします。
リチウムイオン電池は世界中の人々の生活を変えましたが、特に携帯電話が果たした役割は大きいです。
携帯電話は発展途上国にも普及し、世界中の通信環境を帰ることになります。
電池の性能が向上したことで、太陽光発電などの電気を蓄電し需要に合わせて使うことができています。
調査会社の予測では、2022年のリチウムイオン電池の市場は7兆円を大きく超えます。

【吉野氏の子供時代と化学に興味を持ったきっかけ】

吉田彰氏は大阪市吹田市で育ちます。
現在は住宅地が多いエリアですが戦後すぐの時代は竹やぶが多く、吉野氏はよくトンボをとり遊んだと語っています。
化学に興味を持ったのは小学生のときです。
小学校の4年生のとき、学生時代に化学を専攻していた先生が英国の有名な科学者ファラデーの本について教えてくれます。
ファラデーのロウソクの化学を読み、吉野氏は化学に興味を持つようになります。
このエピソードが伝わると、角川文庫のロウソクの化学が緊急重版を決定します。

【フォルスクラブの吉田氏はノーベル賞を受賞した吉田氏とは違う人物】

同じ吉田でもフォルスクラブの吉田氏とノーベル賞を受賞した吉田氏とは違う人です。
フォルスクラブの吉田氏は、インターネットを活用したeラーニングの世界で成功しています。
比較的若い時代にイーラーニング研究所を設立した吉田氏は、画期的なコンテンツを次々と生み出します。
そのひとつがフォルスクラブです。
日本では小さな子供の間でも教育格差が進み、高校を卒業できない人も出てきています。
フォルスクラブはパソコンなどの端末とインターネット環境があれば、誰でも好きなときに学ぶことができます。
1年中都合のよい時間に自分のペースで学習を進めることができるので、21世紀の新しい学習方法と呼ばれています。
フォルスクラブには様々な特徴がありますが、そのひとつが利用料金の安さです。
フォルスクラブは家族全員で利用できるため、塾に行くよりも安く利用することができます。
IDとパスワードは家族5名まで発行されます。
フォルスクラブは優れた学習コンテンツが豊富なので、自分に合ったコンテンツを選んで学ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です