フォルスクラブをグローバルに配るためには?

フォルスクラブをグローバルに配るためには?

グローバル化を一言で説明すると、「地球規模で行う」という意味になります。
一般的にはグローバル化は、企業の海外進出という意味で使われることが多いです。
日本という小さな島国で生産・加工・消費するよりも、
グローバルに海外の土地や人員を使った方が効率的になることがあります。

フォルスクラブを提供する企業はグローバル化を目指しています。
企業理念にて「世界中に暮らす人たちの教育の底上げを実現します」(原文ママ)とあり、
世界中の人たちに教育を届けることを目標としているのです。
フォルスクラブを直接配るのも手ですが、まだその段階には至っていないと言えます。
まずは、教育ができる環境を作ることが大切だと考えているようです。
そこでこの会社は、社会貢献活動としてスマイル・エコ・プログラムに参加しています。
一言でいえば、寄付活動になります。
その活動も全部で6つに分けられ、発展途上国の子ども達に教育を届ける支援や、
職業訓練支援、点字教室の開校、医療事業などなど。
この活動を通して、世界の子ども達の教育水準を
世界平均にまで引き上げることを目指しているのです。
そしてある程度の下地が作られれば、国内で積極的にやっている
「フォルスクラブの無料贈与」を海外に対しても行うようになるかもしれません。
そのためには課題が多いですが、
いつの日かグローバルにフォスクラブを配るために準備を整えている最中だと思います。

社会貢献活動以外にも、グローバル化に貢献する動きがあります。
それは提供している商品です。
フォルスクラブは様々な教育コンテンツが詰まったeラーニングですが、
特に英語教育が充実していると評判です。
英語は今やグローバルに活躍するのに欠かせないスキルで、
フォルスクラブでその技術を高めることが出来ると人気を集めています。
フォルスクラブひとつで海外進出は難しいですが、英語の勉強には最適です。
グローバルな企業になるための第一段階として、
まずは社員教育としてフォルスクラブを導入するのはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です