フォルスクラブはねずみ講なのか検証

フォルスクラブはねずみ講なのか検証

インターネット上で話題になっているフォルスクラブですが、ねずみ講ではないかとのうわさがあります。そもそも、その前の段階でフォルスクラブとはどのようなところか知っておきましょう。これは、インターネットを通じて行う通信教育になります。インターネットを利用してできることは最近特に増えてきましたが、中でも通信教育は非常に規模が拡大している傾向があります。フォルスクラブが提供するものは、幼児教育になりますがそれ以外でも大人の英会話なども提供しているのがポイントです。つまり、年齢にかかわらず様々な教育に関するものを提供しており、自宅で気軽に勉強することができるのが大きな魅力といえるでしょう。


もともと、フォルスクラブが行っていることは格差社会をなくすことになります。抽象度が高い話しになりますが格差社会ができていますのでそれをなくしていくためにフォルスクラブは様々な教材を手軽に提供し格差を減らしていこうと考えているわけです。格差社会が生まれるのは収入などと言われていますが、おおもとをただせば教育に行きつくところでしょう。教育自体に差ができてしまうと少しずつ金銭的な差が出てきてしまいます。もちろん金銭がすべてではりませんが、少なくとも世の中の格差はお金を持っているかいないかによって変わってくる1面は否定できません。そこで、これをなくすべくまず教育の格差を減らすことから考えているわけです。どのようにしてこの格差を減らすかといえば、やすい教材を提供していくことで減らすことができるでしょう。


例えば、勉強したいけどもなかなか教育をうける機会のない子供としては格安で手に入れることができる優秀な教材があればそれだけで格差を減らすことができる可能性が高まります。もちろん、世の中の多くは勉強のできない子供がいたとしてもそれは家庭教育の問題で教材だけのせいではありません。このように考えれば、教材を提供したとしても使いこなせない可能性も高いわけです。ですが、中には勉強したいけどもなかなかすることができない子供もいますのでそのようなほど丈夫な内容と言えるでしょう。これは大人に関しても同じことが言えますので、学んだ結果それを社会に還元していけば結果的に自分自身もはい上がることができます。


ですが、フォルスクラブがねずみ講の仕組みをとっているかといえばそのようなことはありません。そもそもねずみ講とは、商品を販売せずにお金だけが動いているシステムです。例えば、ある人を紹介した場合自分が金銭的な見返りを受けられるとしてそれを続けていけばお金が動いているものの商品は一切流れていません。このようなものをねずみ講といいます。このように、実体がなくお金だけが動いているとしても経済自体が回って行かなくなるから禁止をしているわけです。


ですが、フォルスクラブを見ていくとしっかりと商品が提供されています。フォルスクラブの紹介方法などは検証してみないとわかりませんが、たとえ強引に誘う人がいたとしても決してそれはねずみ講とは言えません。またねずみ講はサービスを提供していない場合も考えられます。しかしねずみ講の場合ではなく、むしろねずみ講の逆を行くといってもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です