フォルスクラブのビジネスはマルチ商法とは関係ない

フォルスクラブのビジネスはマルチ商法とは関係ない

フォルスクラブはマルチ商法とは関係ない
フォルスクラブはネットを利用して資格教材などを提供・販売したりするサービスを行っています。学習教材を提供していますから、マルチ商法やネズミ講の類とは全く違うという事が言えるはずです。これまではこのような資格教材や学習教材は高くてなかなか購入することが出来ないという事もあったのですが、フォルスクラブがこうしたサービスを提供することによって、低所得者層もこのようなサービスを利用することが出来るようになったという事が言えるのかもしれません。

 

 

マルチ商法とはどういうものか?
マルチ商法というのは、連鎖販売のような取引の事をほとんどの人は考えていると思います。実は違法のような事では無く、マルチ商法だからといって、これが法律に反しているという事ではないのです。マルチ商法が違法かのように考えられる事が多いのは、日本でこのような商売の方法によって悪い事をした人たちが居たからだといって良いでしょう。高い商品を売りつけるというような詐欺的な事をした人達がいたことで、マルチ商法は悪だというイメージが定着したという事です。

 

 

フォルスクラブがマルチ商法と違うところ何?
フォルスクラブはマルチ商法とは似ても似つかないので、どう比較すればいいのかという事もありますが、フォルスクラブはインターネットを活用してのサービス提供という事を主に行っているので、連鎖販売のような事をしている事はないのです。組織でビジネスをしているというのは、どこの会社でも同じですから、これがマルチになるという事もありません。会員制を採用しているという事もインターネットサービスを利用する上では当然の事なので、これもマルチには当たりません。会員になってもらわなければ、無秩序に不特定多数の人にサービスを利用されてしまう事になりますから、それではビジネスが成り立たないのです。

 

 

フォルスクラブはこれからの時代に適している
フォルスクラブはインターネットを活用してのデジタル配信という事に力を入れていて、正にこれから成長していく事が期待されている会社といって良いでしょう。ですから、怪しいというような類のものでは無く、これからビジネスの主流になるとも考えられる新しい方法を採用しているので、怪しく見える事があるという事はあるのかもしれない。特に昔のビジネススタイルを信仰のように信じてしまっている人からすると、インターネットを利用したデジタル教材というような物は意味が分からないものという事になるのかもしれません。
ですが、実際にサービスを利用して見るような事があれば、その圧倒的な利便性の良さやコストパフォーマンスの良さなどはすぐに理解をすることが出来るはずです。何しろ、それだけの違いがあるからこそインターネットは此処まで浸透するようになったわけで、これを活用しないビジネスはこれからは考えられないというようなところまで来ているのですから、昔の仕事の方法とは全く異なる物が来たと考える必要があります。ネットセキュリティを担当する大臣が機械音痴の時代は、平成で終わりを迎えつつあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です