フォルスクラブの運営会社だからできる日本を変える社会貢献活動とは

フォルスクラブの運営会社だからできる日本を変える社会貢献活動とは

現代の企業は利益の追求とともに社会貢献が求められています。
それはフォルスクラブのような教育コンテンツを配信する企業も例外ではありません。
フォルスクラブの運営会社ではeラーニングを利用した教育システムを通じて、
教育水準を底上げすることで格差を正すことを目指しています。
では具体的に、フォルスクラブの運営会社が主に
どういった社会貢献を行っているかをここで紹介したいと思います。

フォルスクラブの運営会社が行っている社会貢献の代表的なものが
支援施設へのタブレットの寄贈活動です。
学びたいという気持ちに応えるのが
フォルスクラブの運営会社の最も大きな社会貢献活動です。
eラーニングで教育を提供することで人々の好奇心に応え、
社会を生きるための力を養うのが、社会貢献における目標です。
日本には就業困難な人に就労機会を与えることでスキル向上を目指す施設が数多くあり、
働くために必要な知識や能力を身に付けるための職業訓練や企業実習が一般的となっています。

困っている人に手を差し伸べて、
社会進出を応援する支援施設の取り組みと相性が良かったのが、
フォルスクラブの運営会社の社会貢献活動です。
フォルスクラブの運営会社は、社会貢献活動として自社タブレット「FORCE Tab」と
システムへアクセスできるIDパスワードを提供しました。
このような社会貢献活動で学習習慣を定着させて、
集中力や持続力を育てるのがフォルスクラブの運営会社の狙いです。
この社会貢献活動を受けた方の中から、
世界で通用する人材が数多く出てくるのも決して夢物語ではなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です