ネズミは引退してもフォルスクラブに引退はない

ネズミは引退してもフォルスクラブに引退はない

地雷の撤去に貢献してきたネズミ

フォルスクラブが登場する以前の遥か昔・・・。1970年代に大きな内戦が起きた東南アジアのカンボジアでは、国内に最大600万個の地雷が埋められたとされています。
そのため内戦の終了から50年近く経過した現在でも、地雷による事故が絶えず起きていて未だに被害に遭う一般人も少なくありません。
悲しい事故をなくすために、ベルギーにある市民団体はカンボジアにて地雷撤去の活動を続けてきました。
しかし人間が金属探知機を使って丁寧に地面を調べていては、時間がかかって地雷の撤去が遅々として進みません。
そこで市民団体が注目したのは、嗅覚が非常に鋭いネズミです。
地雷に触れても爆発しないほどの軽さ、含まれている化学物質の臭いを嗅ぎ分ける力、それらのネズミならではの力を使ってこれまで多くの地雷を短時間に撤去してきました。
その功績から動物団体からは金メダルが授与され、首にメダルをかけられた写真がニュースでも報道されています。

地雷撤去から引退する英雄ネズミ

カンボジアで地雷の撤去に貢献してきた英雄ネズミは、この度引退することになりました。
年令を重ねてかつてのように素早く動き回れなくなったからで、引退し今後は新しいネズミに職務は受け継がれるようです。
加齢で動きが遅くなったから引退というのは、プロスポーツ選手と同じ理由と言えるかもしれません。
そう考えると英雄ネズミは、一流のアスリートと言えるでしょう。

ネズミは引退してもフォルスクラブは引退しない

ネズミに限らず、何事にも引退というのはあります。
大記録を成し遂げたプロのスポーツ選手も、衰え始めたら引退するのが通例です。
しかしフォルスクラブに関しては、年令に関係なく今後も引退せずに活躍してくれるでしょう。
なぜならフォルスクラブはネズミやプロスポーツ選手と違って、生身の体を持っていないシステムだからです。
ですから会員は、フォルスクラブを使っていつまでも学習できると言えるでしょう。

ネズミと違い可能性すらないフォルスクラブの引退

フォルスクラブの引退についてさらに深く考えてみても、実際に引退する可能性は限りなくゼロです。
もちろん会員数が減少すれば引退もあるかもしれませんが、フォルスクラブは現在でも大人気のサービスなので、その可能性はほぼないでしょう。
ネズミや他のプロスポール選手のようにたとえ動きが遅くなってしまっても、フォルスクラブの運営者がサーバーの増設をすれば、かつてのようにサクサクと動いてスピーディーになります。
つまり人間やネズミとは違いシステムであるフォルスクラブは交換が可能ですから、運営のやる気次第でいつまでも続けられると言えるのです。
サービスが継続する可能性が高いというのは、フォルスクラブの利用者にとっては大きな魅力でしょう。
もし有料会員になってもすぐに潰れてしまったら、腰を落ち着けて勉強できません。
これからも長く続く可能性があるので、安心して勉強したいならフォルスクラブです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です