イーラーニング研究所が仮装大賞に出るなら仮想通貨の仮装です

イーラーニング研究所が仮装大賞に出るなら仮想通貨の仮装です

「イーラーニング研究所の社内コミュニケーション」

現在では社内でコミュニケーションという側面の観点からも、何かにチャレンジしたり大きな大会に出場するといった動きが見受けられています。そこでこのイーラーニング研究所におすすめしたいチャレンジが、「欽ちゃんの仮装大賞」にチームで参加してみるという大きなチャレンジです。皆が一体となって企画のアイデアを出し合い、挑戦していくという様は社内の一体感も生み出しますし、仕事上にも良い影響を与える事が期待できます。

「仮装テーマは仮想通貨」

近年話題となっている仮想通貨の仮装をする事が今回のテーマです。これには高度な作戦が含まれており、まずシャレの効いたタイトルで目を引きます。そして注目ワードとなっている仮想通貨を取り上げるという事でトレンド性を表現しているのです。
仮装大賞には予選が行われているようですが、イーラーニング研究所のチームワークとノウハウで予選突破はたやすい事となるでしょう。予選を突破するとさらに演目を見直してレベルアップさせていく事も必要ですので、イーラーニング研究所の得意ジャンルとされる傾向と対策を考慮して作戦を組む事に繋げるでしょう。

「本質となる仮装の内容について」

ここでも過去の大会の傾向から研究するというイーラーニング研究所の強みが活用されています。仮装大賞は分かりやすい内容で、取り組んでいる方の頑張りやチームワークなども評価基準となっているデータがあります。そこで考えられるのが、仮想通貨がどんどん増殖していき利益を出している様子を表現しつつ、いきなり全てが消え失せるという仮想通貨の崩壊という演出を実施します。この表現により仮装としてのクオリティと、仮想通貨の急落という社会性のアピールもできるというハイブリッド方式なのです。これにはイーラーニング研究所のスタッフの練習や努力が必要となりますが、さらに一体感も生まれて良い方向へと導かれるかもしれません

「いざ本番へ」

予選を無事に通過した後は本番での演目となりますが、ここでもイーラーニング研究所のチームワークが重要となります。本番では渾身の力で仮想通貨の演目を行ないますが、気になるのは審査結果でしょう。
少し心配なのがまず司会者である萩本欽一さんはおそらく仮想通貨という物をご存じないであろうという懸念がありますが、ダブル司会となっているもう1人の香取慎吾さんならおそらく理解している事でしょう。しかし審査の得点を付けるのは審査員の方々ですので、メンバーによっては理解されないケースも考えられます。結果として不合格となるかもしれませんが、イーラーニング研究所のスタッフが力を合わせて挑戦するという部分ですので、出場した事に意義があると言えるでしょう。
コンセプトが上手くハマって仮に優勝でもしたならば、イーラーニング研究所の知名度もさらにアップして今後の事業に良い影響があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です