フォルスクラブにポイントサービスが出来たとしたら

フォルスクラブにポイントサービスが出来たとしたら

今やポイントサービスは色々なところであります。
コンビニ、飲食店、スポーツジム、鉄道などなど。
逆にポイントサービスがないところを探す方が困難かもしれません。
では、フォルスクラブにポイントサービスが導入されるとしたら、
どういったものになるかを考えてみたいと思います。

最初に思いつくのは長期契約者に対するサービスです。
auなどの携帯電話でも、
超長期に渡って利用することで何かしらのプレゼントをしてくれます。
10年以上の契約者に対して、2GBの通信量贈呈や、
1000ポイント相当のキャッシュバックなど、色々なものが思いつきます。
フォルスクラブも長期契約者に対して何かしらのサービスを行えば、
契約者はより長く使い続けてくれるかもしれませんよ。
毎月一定のポイントが貯まるシステムも嬉しいですよね。
ログインボーナスとか如何でしょうか。

フォルスクラブを利用するごとにポイントが貯まるのも良さそうです。
フォルスクラブの「高校生向けeラーニング」の
カリキュラムを進めるごとにポイントが貯まれば、
学ぶ方もやる気になるというものです。
手話検定や相続診断士の資格を取ったら
ポイントボーナスが貰えるというのも面白そうな気がします。
フォルスクラブの「ふぉるぱ」制作の上位入賞者に
支給するのもアリだと言えそうです。

 

さて、ここで気になるのはそのポイントの使い道です。
基本的には以下の3種類として扱うことが多いです。
①現金として使用(※フォルスクラブの月会費の減額)
②豪華景品と交換
③特になにもない(※貯めるだけ)
この3種類でしたら①か②が現実的でしょう。
実際、フォルスクラブは②をかつてやっていました。
「小・中学生向けeラーニング」にてコインが貯まりましたよ。
なお、③は少し虚しいだけかもしれませんが、
ヤフー知恵袋のように自身のページをデコレーションするのに
ポイントを使うといったやり方が可能です。
換金できないポイントでも、
設定次第では勉強の意欲を後押しすることも可能なのです。

 

ポイントサービスの還元率は大体0.5%くらいのことが多いです。
200円ごとに1ポイント貯まるのが多いのではないでしょうか。
フォルスクラブの月会費で6000円(税別)支払ったとしたら、
毎月30ポイントずつ貯まることになりますね。
これでは額が小さすぎて誰も見向きもしないのではないでしょうか。
現金キャッシュバックのようなやり方は、あまり向かないかもしれません。
やはり換金できない豪華なプレゼントを配るのが良いと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。