フォルスクラブを手掛けた企業がこれから手掛けそうな新規事業

フォルスクラブを手掛けた企業がこれから手掛けそうな新規事業

フォルスクラブを手掛けた企業はこれまで様々な事業を行ってきました。
ラジオ番組、eラーニング通販のポータルサイトの構築、
学校や介護の口コミサイト、育脳系運動会(クイズ大会)などなど。
もちろん、フォルスクラブの中身を更新することも忘れていません。
では、フォルスクラブを手掛ける企業は今後、
どのような新規事業を行うのでしょうか?
今回は新規事業について考えてみたいと思います。

可能性としては、やはりeラーニングに関する新規事業だと思います。
どこの企業もそうですが、
現在行っている事業に似た分野から攻めて行くのが基本です。
では、eラーニングを使ってどのような新規事業が出来るのでしょうか?
現在、フォルスクラブはスマホやパソコン、タブレットを使って運用されていますが、
これ以外の機種を使ったeラーニングの何かがあると面白そうですよね。

eラーニングのeはエレクトロニックを意味し、電子機器を使った学習となります。
しかし、今はインターネットが全盛の時代になりますので、
やはり新規事業はインターネットを使った何かでありたいところです。
それを踏まえて考えると、どのような機種がありそうでしょうか?
パソコン、タブレット、スマホ以外で私たちの生活にインターネットが絡むものと言えば、
携帯ゲーム機がポピュラーですよね。
もちろん、据え置き型ゲーム機も今やインターネットに対応しつつありますが、
利用率においては携帯ゲーム機の方が高いです。
つまり新規事業として、こうした携帯ゲーム機にフォルスクラブに近い
何かを提供するようになるのではないでしょうか。
かつては、ゲームソフトといったらおもちゃ屋で買うのが普通でしたが、
今はネットから課金ダウンロードすることが可能になりました。
フォルスクラブの小学生英語学習アプリのようなものを、
携帯ゲーム機でプレイ出来たら楽しそうですよね。
もちろんそのままフォルスクラブのコンテンツを完全移植しても誰もやりませんので、
新規事業として本格的に新しい内容で攻める必要があると言えます。

可能性としてはeラーニングに関わる何かが高いですが、
電子機器を伴わないリアルにおける新規事業も行うかもしれません。
フォルスクラブを手掛ける企業の最終目標は
「世界中の子供たちに平等に教育を届ける」ことであり、
その過程で「教育格差を無くすため、お金のない世帯にも教育しやすいサービスを届ける」ことを
行っています。
つまり、eラーニングはあくまで手段のひとつなのです。
この目標に向かうため、フォルスクラブを手掛ける企業は今後、
色々な新規事業を打ち出していくことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です