日経平均株価よりも安いフォルスクラブ

日経平均株価よりも安いフォルスクラブ

【日経平均株価よりも安く使えるフォルスクラブ】

日本の経済は長い間低迷をしていましたが、2013年頃からアベノミクスの効果もあって日経平均株価が大きく上昇をすることになりました。
2008年頃は一時7000円を切るほどだったのが、今では2万円を超えるほどで10年の間で3倍にまでなったということになります。でもバブルの頃と比べると半分以下ですが、経済が崩壊するバブルと比較するのは、資本主義の分野としては間違っているといえます。とりあえず今は、やや好景気に向いつつあります。
それでも庶民の暮らしはまだまだ改善されたとは言いづらいものがありますが、株価は景気のバロメーターであるだけに低いよりはずっとマシだと言えます。
日経平均株価は高いほうが良いのですが、サービスは安いほうが庶民にとっては嬉しいものであり、日経平均株価よりも安く利用ができるのがフォルスクラブなのです。

【フォルスクラブは安価で利用ができる】

フォルスクラブの利用料金は入会金こそ1万円がかかってしまいますが、その後は月額利用料金6000円で利用をすることができます。
6000円という金額は日経平均株価がどん底であった2008年頃よりも更に安い金額ということで、かなりリーズナブルなものだと言えるでしょう。
更にフォルスクラブの良いところは家族5人分まで利用ができるという点にあり、5人家族であれば一人あたり1200円しかかからないのです。
もちろん、コンテンツの内容も充実をしているので日経平均株価が低いのは嬉しいことではありませんが、フォルスクラブの利用料金がこれほどまでに安いのは非常に嬉しいことだと考えられます。

【日経平均株価とはなにか】

ここまでフォルスクラブと日経平均株価の比較をしてきましたが、そもそも日経平均株価というのは何なのかという疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。
これは文字通り日本を代表する225の企業の株価を平均したものであり、日本経済の調子を示すバロメーターとなっているものです。
すべての企業ではありませんから、225の企業の値動きに左右されるので正確な数値というわけではありませんが、ある程度参考にするのには非常に役立つものとなっています。
平均値であるだけに値嵩の銘柄の影響が大きいという問題がある一方で、世界的にも注目度の高い指数であるだけに多くの場面で使用されています。
なお、フォルスクラブは残念ながら日経平均株価の構成銘柄には含まれていません。

【フォルスクラブは更に安くなる】

フォルスクラブは現状でも日経平均株価よりも代金が安く済むわけですが、これから先も日本経済が成長していくことを考えると、更に安くなることが考えられます。
高い安いというのは相対的なものでもありますから、あるものの価値が変わらなくても、周りの価値が変われば相対的にあるものの価値も変わってくるということです。
このまま日経平均株価が更に伸びていくことになり、フォルスクラブの代金が据え置きと考えるのであれば、経済が成長しているにもかかわらず、代金が据え置きのフォルスクラブは相対的に安くなり、更にお得に利用ができるということになるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です