フォルスクラブで始めるマルチリンガルの道

フォルスクラブで始めるマルチリンガルの道

日本語を話せるだけじゃダメ

日本語さえしっかりと話すことができれば、社会に出てからも困ることはないとされてきました。
しかし現在は日本しか喋られない人材は、企業にとって魅力的ではありません。
現代のビジネスはグローバル化しており、外資系だけではなく社内公用語を英語にする日本企業もあるほどです。
今や英語を話せる能力は社会人にとって必須ですから、フォルスクラブで言語をマルチに操れるようにならなければいけません。
フォルスクラブでマルチに英語を操れるようになれば、就職や転職で有利になるでしょう。

英語を話せるだけじゃダメ

しかしこれからの時代は、社会人が英語を話せるのは当たり前です。
英語が堪能なだけでは魅力的な人材とは言えないので、さらにプラスアルファが必要です。
アメリカ人やイギリス人だけではなく、世界を相手にしていると中国人やフランス語圏の人々と会話をする機会はいくらでもあります。
ですからフォルスクラブで英語を習得できたら、次はマルチリンガルを目指しましょう。
英語に加えて中国語やフランス語など様々な言語を自由自在に操れるようにあれば、世界中どこに行っても言葉で困ることはありません。
マルチリンガルの日本人はまだまだ少ないですから、フォルスクラブで英語を学んだ後にさらに語学を学んで習得できれば、就職や転職で怖いものはなくなるでしょう。

ビジネスパーソンだけでなく一般人もマルチリンガルになる必要がある

フォルスクラブを駆使しマルチリンガルになる必要があるのは、世界を股にかけるビジネスパーソンだけだと思いがちです。
しかし現在の日本は、世界中の様々な国や地域から観光客が訪れます。
さらに働くために日本にやってくる外国人の受け入れも拡大する方針なので、街中で海外の人々を見かける機会は増えるでしょう。
国内に海外で生まれた人々が増えていけば、日本人を相手に商売をしていても外国人への対応を迫られる機会は増えます。
そうなると嫌でも日本語以外を話す必要が出てくれるので、フォルスクラブで英語を学んでマルチリンガルになっておく必要があります。
いろいろな国の言語をフォルスクラブを活用しながら学びマルチリンガルになれば、街中で外国人に話しかけられたときもスマートに対応できるでしょう。

マルチリンガルになるにはフォルスクラブから始めよう

フォルスクラブには子ども向けの英語学習アプリの他に、大人向けも用意されています。
子どもの頃からフォルスクラブのアプリで英語に親しんでおけば、学校で授業を受けたときもスムーズに学べるでしょう。
昔習った英語を思い出したいときも、大人向けのアプリを使えば徐々に記憶が蘇ってきます。
マルチリンガルになるためには、英語をまず最初に学ぶのが基本です。
世界で一番使われている英語をフォルクスクラブのアプリで固めてから、中国語やフランス語など様々な言語に移行し、あらゆる言葉を操れるマルチリンガルを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です