フォルスクラブとMLM企業との相違点

フォルスクラブとMLM企業との相違点

フォルスクラブはMLM企業ではない
フォルスクラブはMLM企業と勘違いをされる事もあるようですが、これは事実ではありません。MLM企業はマルチレベルマーケティングという組織的な販売をするビジネス企業ということになるわけですが、フォルスクラブは別に組織的な販売をしているというわけではありませんから、これとは違うという事になるわけです。MLM企業は大抵の場合において販売員という自社の商品を販売する人を民間から採用してその人に販売させるという事を行い、その販売員は商品だけではなく、販売員を勧誘することも出来る権利を持たせるという事で組織的な販売網を作るという事をするわけですが、フォルスクラブはそのような事はしていませんから、MLM企業とは違うという事になるわけです。

 

 

そもそもMLM企業は違法ではありません
MLM企業といういうと、日本では違法な販売をしているようなイメージを持っている人も少なくはありませんが、別にこの販売方法は違法でも何でもありません。昔に日本でマルチというような言葉で言われる組織的な詐欺販売をするところがあったので、そのような悪いイメージがついてしまったという事があるのですが、別に組織で販売をするというのは、会社であればどこもしていることですから、特にこれが違法でもないわけです。フォルスクラブのビジネスは勿論違法ではありません。

 

 

 

フォルスクラブの会員制のシステムは当然合法的なモノ
フォルスクラブは会員制を採用していて会員になる事でフォルスクラブが提供するサービスを使用することが出来るようになるわけですが、これはインターネットを利用したサービスを提供しているところであれば、当たり前のことだといって良いでしょう。どこの会社のサービスも基本的には会員となってその会社が提供するサービスを利用することになります。ですから、この会員制のビジネスが合法的なモノであるという事は言うまでもありません。会員制という事を聞くとすぐに違法性を怪しむのは意味が無いと言っても良いでしょう。

 

 

何故フォルスクラブがMLM企業と間違えられることがあるのか
フォルスクラブにはプレミアムメンバー会員というものがあって、このシステムが会員を斡旋するという事が出来るシステムがあるので、これがMLM企業と勘違いされることがあるという事になるのかもしれません。MLM企業は上記のように販売員が販売員となる人を勧誘することが出来るという事になっているので、これと同じように考えてしまうというわけです。ですが、フォルスクラブのプレミアムメンバー会員は会員を勧誘することは出来ますが、その会員は単にフォルスクラブのサービスを利用するという事が出来るだけで、他の人を勧誘するというような事が出来るわけではありませんから、これでMLMのシステムとは全く違うモノだという事が分かります。会員が会員を勧誘していくという連鎖的に事が出来ないわけですから、これがMLMとは違うという事は歴然でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です