フォルスクラブが上場するために必要なもの

フォルスクラブが上場するために必要なもの

フォルスクラブが東証一部に上場するためには、これまでどおりの経営体制ではかなわない可能性が高いです。東証一部に上場するためには、フォルスクラブの営業力だけでは太刀打ち出来ないことが多くなるでしょう。

上場するためにも既存の問題を解決するように行動を起こすべきであると考えられます。フォルスクラブには足りない技術力を高めることが重要になるでしょう。具体的には、人工知能や仮想通貨に関する技術を極めていくことが重要です。ITバブルがあったように、仮想通貨でも注目されるときがいずれ来ます。そのときに備えてフォルスクラブで技術者を動員して、仮想通貨に関する技術力を高めていくことが上場に必要な要素のひとつであると言えるでしょう。また、人工知能に関する技術も中国の企業におくれを取っているので、フォルスクラブが率先して行うことにより、日本の企業を牽引することができるようになります。上場した際に他の企業を牽引することが出来れば、より有利な立場を取ることができるのです。

 

もちろん既存の社員を維持することも重要で、既存の社員が存在し続けることにより、フォルスクラブが士気を高める事ができるようになり、勢いを維持した状態で上場することで、大企業と対等に渡り合うことができるでしょう。さらに、上場をした際には、他の企業に対する態度にも気をつけなければなりません。売上が上位に位置したとしても、まだまだ技術力では及びません。フォルスクラブが他の企業に対して攻撃的な態度を取っていれば、見せしめに買収される可能性もあります。それだけでなく、役員を降ろされることもあり得るので、他の企業に対する態度を気をつける必要があるのです。それらは上場した際に、フォルスクラブが存続できるかどうかにかかってきます。売上目標は、売上を維持するためにも重要です。特に一般的な商品であれば、営業力が問われます。そのため営業に関する技術力も継続して意識しておかなければなりません。新人教育にも重点的に行う必要があります。新入社員には、適切な営業ができるように外部の企業と連携することで適切に育成をしていくことが重要になります。外部の専門のインストラクターであれば、自社が教育するよりも適切に育成することができますが、自社で育成する能力が向上しません。

 

この問題を解決するためには、インストラクターを養成する研修を受けることが重要で、これらの問題を解決することにより、非常にクオリティの高い社員を量産することが可能になるのです。もちろん、社員を育成するだけでなく、帰属意識を高める必要もあるのです。帰属意識を高めることにより、社員は会社に忠誠を誓うだけでなく、上からの指示を適切に末端まで伝えることができるようになります。さらに、重要なことはこれから入社する社員も忠実になるので、研修の必要がなく、繁忙期でも即時に現場で働くことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です