フォルスクラブが何故マルチと呼ばれるのか

フォルスクラブが何故マルチと呼ばれるのか

個人的にもかなり関心のあるテーマなのですが、どうしてマルチじゃないフォルスクラブがマルチと呼ばれるようになったのかについて調べてみました。これ、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

 

そもそもマルチとは何でしょうか。
徹底的に調べるために、まずはマルチとは何かについて確認してみました。
いわゆるマルチ商法だとか、マルチ商品と言われるものです。
購入した人には、自分でも商品を売る権利が与えられるのがマルチの特徴だと言えます。
自分でも売って儲けたいから、仕方なく購入するのです。
親会社や本部とすれば、誰が買ってくれても売り上げですから随分と儲かる仕組みですね。
しかし、次々と販売員となる人が増えるので、次第に商品は売れなくなってしまいます。
最初の方に参加した人にとっては良い仕組みでも、最後には誰かが損をします。

 

商品が魅力的ではない場合が多いのがマルチの特徴です。
どうしてマルチによる販売が行われるのかというと、ずばり魅力的ではないからです。
商品の魅力だけでは売ることが出来ないので、金儲けをしたい人に売りつけます。
とにかく売れば儲かるからと、多くの人が集まっています。
ですから、マルチの商品を売る人たちにとっては、何でも売れれば良いという考えの方が目立ちます。

 

フォルスクラブの教育システムは魅力的なのに、なぜ?
ここで大きな疑問が浮かびます。
フォルスクラブの教育システムは、使用する親御さんたちから高評価を受けています。
子供たちが喜んで勉強をするようになったとコメントしています。
ですから、どう考えても、マルチで扱われるような商材ではありません。
どうやら商品の魅力とは関係のないところで、マルチだと勘違いしている人が多いのです。

 

フォルスクラブの販売システムに問題があったのか?
フォルスクラブには、プレミアム会員だけに売る権利を与える特典があります。
ただ単に購入した人には得られない特典です。
このプレミアム会員だけに与えられる権利が、どうやらマルチだと勘違いされる原因を生んだようです。
つまり、フォルスクラブを購入すれば誰もが販売して儲けることができるという大いなる勘違い。
誤解のないように言いますが、これは明らかに勘違いです。
残念ながら、フォルスクラブを購入した人は、あくまで教育システムの利用者です。
マルチのように購入したからといって、フォルスクラブを売り歩く権利は与えられないのです。
良い商品だから売れば儲かるのは当然ですが、だからといって誰でも売って良い商材ではありません。
この点についての誤解が、フォルスクラブをマルチだと言う人を増やしてしまっています。

 

 

情報を整理しますと、プレミアム会員だけの特典である売る権利について誰でも得られるものだと勘違いされた方によって、現在の間違った情報が広がってしまいました。フォルスクラブは教育システムに魅力がありますので、わざわざ違法である可能性のある販売方法は採用せずに、しっかりと勉強が好きな子供たちを増やし続けています。誰もが儲けられる仕組みではありませんので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です