フォルスクラブが低コストでサービスを提供できる理由

フォルスクラブが低コストでサービスを提供できる理由

フォルスクラブは入会金1万円(税別)、月会費6000円(税別)の教材になります。
ひとつの教材としてフォルスクラブを見ると異様に高く感じますが、
複数のコンテンツが同時に収録されていると思えば、
このコストは安く感じるのではないでしょうか。
では、フォルスクラブはどうやってこの低コストを維持しているのでしょうか。
今回はそのことについて考察してみたいと思います。

 

【前の製品が売れたからコストを抑えられる】
ゲーム業界の裏の常識ですが、
そのゲームの製作費は借金で作り上げることはしません。
前作ったゲームの売上を、
そっくりそのまま次回作の製作費に充てているのです。
それゆえ、今回作ったゲームが大こけしたら、
次回作に掛けられるコストは大幅ダウンしてしまいます。
こういったもの金融機関はあまりお金を貸してくれませんので、
持ち前の自己資産をなんとか捻出して作り上げることが多いのです。
それゆえフォルスクラブも、前作に製造したものが大ヒットしたからこそ、
大規模な製作費を投じて、安価で提供することを可能にしたかもしれませんよ。
ちなみにこの前作は、社長の前職のケースも多いです。
フォルスクラブがこの会社の最初期の製品になりますので、
独立前の社長が前の職場で大ヒットした製品を作ったことで、
大量の予算を確保できていたかもしれませんよ。

【他で稼いでいるものがあるからコストを抑えられる】
スーパーに行けば赤字価格の特売セールをやっていることが多いですよね。
お客全員が特売品だけを買って帰ったら、そのスーパーは潰れてしまいますが、
スーパーには他にも大量の製品が並んでおり、
お客はそういったものも同時に買っていきます。
特売セールは一種の客寄せみたいなものなのです。
もしかしたらフォルスクラブもそうした客寄せ的なものかもしれませんよ。
フォルスクラブのほかに、稼げる商品を取り扱うことで、
そっちで収入を得ているかもしれません。

【入会金で稼ぐからからコストを抑えられる】
教材としては珍しいことにフォルスクラブは入会金というものが存在します。
こうしたものを導入しているからこそ、
月会費を低コストに抑えられるのかもしれませんよ。
入会金は1万円と高いので、
なるべく退会せずにフォルスクラブを使い続けたいところですね。

 

【その他の方法】
低コストで提供する方法はいくらでもあります。
むしろ安売りをするだけでしたら、子供でも可能です。
難しいのは、低コストで商品を売り続けられることでしょう。
少ない収入で事業を成り立たせるのは至難の技になります。
そのあたりの技術が優れているからこそ、
フォルスクラブは低コストで消費者にサービスを届けられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です